野立て太陽光発電

今からでも遅くない!

売電単価が低下した今こそ投資すべき理由

昨今の売電単価の低下や、太陽光施工業者の倒産件数の増加のニュースを受けて、巷では「太陽光発電投資」はもう終了とささやかれており、下火の様相を呈しています。

売電単価の引き下げは、導入コストの低下を受けてのものです。市場での導入コストの低下具合を踏まえて次年度の売電単価が決定されています。実際、2012年度の40円案件でも、2016年度の24円案件でも、標準的なコストで導入できていれば利回りはそれ程変化していません。

太陽光施工業者の中には導入コストをなかなか下げられず、買取価格の低下に合わせて以前と同じような利回りを出す案件を作り上げることが難しい業者もあり、売電単価の低下が昨今の倒産件数増加の一因となっています。

融資による所有をお考えの方へ

導入コストの低下により発電所全体の価格も低下傾向にあるので、必要な融資額が少なくて済みます。特に、信販会社系のソーラーローンは一案件当たりの融資金額に上限がありますので、その枠の範囲に収まりやすくなってきます。

弊社取り扱いの物件一覧を確認する

弊社へのご質問やご意見はお気軽にご連絡ください。

弊社の事業や取り扱い案件に対するお問い合わせはこちらからお願い致します。